「住まいは心を映す鏡」菅優樹著 販売開始|豊田市にある【らくらす設計】は新築からキッチンリフォームなどのリフォームまで住まいの悩みを解消します。

新着情報

「住まいは心を映す鏡」菅優樹著 販売開始

2017/08/30

2017年8月より、菅優樹の初著書住まいは心を映す鏡がAmazonにて販売開始しました。

 

 

 

住まいは環境。環境が人を作ると同時に、人の心が環境を作り出していきます。

 

しかし自分が望む状態でないこと、例えば

「片付けても片付けても、またすぐに散らかってしまう」

「家族に良かれと思ってしたことに、不満を持たれてしまう」

などそんな時は、深層心理ではあなたが本当に望む行動をしていないかもしれません。

 

本書ではこのようなパターンを7つの物語にしました。

あなたもどこかこのような覚えはありませんか?

 

************************

************************

 

       「住まいは心を映す鏡」目次

 

      第1章 新築だけど建て替えたい!

      第2章 嫁ぎ先で

      第3章 大切な物は捨てないで

              第4章 自律

      第5章 見て見ぬふり

      第6章 残したものの意味

      第7章 「いいんだよ」

 

**************************

**************************

 

 第1章 新築だけど建て替えたい!

メッセージ ―「住まい」の漠然とした不満は

         自分と家族関係の不満 その1―

 

自慢のマイホームを手にしたカナ。

じっくりと考えて作り上げてきたつもりだったが3年経ったころ、

幼稚園の息子宗助の工作の作品を飾る場所を探すことを

きっかけに、マイホームへの小さな不満が増えていき、

小さなストレスは溜まっていき、カナは「お金があったら建て

替えたい」とえ思さってしまう。

     

      

***********************

 

 

第2章 嫁ぎ先で 

 メッセージ ―「住まい」の漠然とした不満は

           自分と家族関係の不満 その2―

 

すべてが順調だった義母との同居生活。主人公の心の中に

現れた「塊」は、徐々にその重みを増していく。

義母が亡くなるまで知り得なかったその正体とは。

 

**********************

     

  第3章 大切な物は捨てないで 

 メッセージ ―部屋は心の鏡―

 

片付け上手な麻紀の住まいは、ママ友からいつも羨ましがられるほど。

しかしすっきりしすぎたリビングを 見て何か物足りなさを感じ、

「自分は何者か」を追求したくなった麻紀は過去に書き続けて

いた日記のを思い出す。

 

    

 

**********************

 

 

 第4章 自律  

メッセージ ―不安を埋めるもの

        「思考」「時間」「空間」―

 

実母と同居するとも子。

自分だけのキッチンにあこがれ二世帯住宅計画を打ち出すも

母親に反対され苛立つ。 そんな時、妹のみきに

「本当に欲しいものは何?」ときかれはっとする。

       

***********************

 

 

第5章 見て見ぬふり 

メッセージ ―トラウマと代償行為―

 

コレクターの夫の深層心理と、夫のコレクションの

尋常ではない数を容認する妻の物語。

妻の背景には、ある過去の出来事が。

夫の収集癖には、誰にでもある背景が。

 

************************

 

 

第6章 残したものの意味 

   ―私の実体験―

 

著者自らの体験をそのまま物語に。

子どもの不登校を体験し、焦りと不安に我を失う。

ある時押入を整理していると自身の1通の通知表が出てきた。 

「なぜ1通だけなんだろう」 その答えは

私に大切なこと教えてくれる第1歩となった。

            

***********************

 

 第7章 「いいんだよ」 

 メッセージ ―使わないのにそばにずっと

      置いてある物はありませんか?―    

 

子どもが生まれるまでは教師として働いていたミカ子。

小学1年生の娘の幸の持ち物を収納する場所を考えていたが、

意見が合わずモヤモヤしていた。

幸が意外な収納方法を持ち出し戸惑う。

「ママの教科書は何であそこにあるの?」

素朴な質問に、ミカ子は自分の夢を再認識する。

 

 

 

住まいは心を映す鏡です。

「片付かない」「住みづらい」と思ったときは

何か気づけていない自分の気持ちがあるかも知れません。

それを知っていくプロセスはとても楽しいものです。

この本を読んでくださった方にも片付けを通して、

新しい自分に気付き出会うことを楽しんでいただきたいと

願っています。

 

「住まいは心を映す鏡」あとがきより

 

 

 

 

 

    住まいは心を映す鏡

 

 

 

 

 

一覧へ戻る

mailform

infomation

らくらす設計
〒470-1201
豊田市豊栄町10-67-1 203号

愛知県豊田市にある【らくらす設計】は暮らしに寄り沿って設計!おうちの新築やリフォームをお考えの方はぜひご相談ください。整理収納アドバイザーの観点から的確にアドバイスいたします。

  • 080-5159-4767
  • mailform
  • Facebook
  • らくらす設計 Blog

pagetop